海外への転勤

Permalink

住み慣れた日本から離れ、言葉の分らない国に転勤することになると、同行される家族の方は大変不自由なことになります。結婚する以前から「転勤族」である事に理解をしてもらっておく必要があり、何時転勤を命じられても大丈夫である環境を作っておくことが必要です。

企業戦士である以上、海外転勤をすることにより昇給や昇格がある程度約束されていることが多く、ご家族の方も不安がある反面、将来のために邁進されると思います。英語で話せる地域への転勤なら、国内で生活している間に、ある程度勉強しておけばいいのですが、全く言葉の通じない国に転勤すると、住居内に閉じこもりがちになり、ストレスが溜まり易くなるのです。治安の悪い国なら尚更のことです。長期間の海外赴任なら、家財道具の殆どを処分しなくてはなりませんし、マイホームをお持ちの場合は、売却するかリロケーションするかの判断も必要になります。

海外への転勤で、お子様が居る場合は、日本人学校を事前に探しておいた方がいいと思いますし、勤務地までの距離が遠くなっても、お子様の教育を優先すべきです。そして、国内にいる時以上に、ご家族に気を配ることが大切だと思います。幾ら会社で出世コースを進んだとしても、家族を犠牲にすることは避けてください。