転勤に必要な費用

Permalink

入社した時点で、労働規約や就業規則に謳われている転勤について、熟知していなければ、余計な費用を出費しなくてはならなくなる場合があります。会社からの転勤辞令ですから、受諾することになると思いますが、転勤に係る費用をどの程度負担してくれるのか、また、転勤することによって、別途手当てがどのくらいあるのかなど知っておくべきことはたくさんあるのです。

社宅などが完備されている場合は、引越し費用と転勤先までの交通費が支給される場合もありますが、会社によっては、赴任手当と称して一時金として支給される場合もあります。社宅がない場合は、家賃の保障額として上限が設定されていることが殆どとなっているのです。また、何の保障もなく転勤手当のみを掲げている会社もありますから就業規則等を再度確認し、引越し貧乏にならないようにして下さい。また、単身赴任をされた場合は、限度回数を設定して、帰宅交通費を支給する会社もありますので、請求を忘れないようにすることです。

転勤には色々なことが起こります。大手企業ならあらゆる手当てを実施していますが、極一般的な会社では、余り多くは期待できません。だからこそ、規定に則しているものはすべて把握しておく必要があるのです。