転勤の住居探し

Permalink

会社から転勤辞令が出されたら、転勤地での住居探しが必要になります。転勤にも2つの種類があり、短期間の転勤から長期にわたる転勤もあるのです。短期間なら単身赴任で対応できますが、長期間になると家族の事も考える必要が出てきます。

単身赴任ならウエブサイト等で情報を得て、家賃やその他経費(敷金、礼金)それに勤務先までの距離や通勤時間を調べることは可能ですから、転勤前に一度下見をして、納得ができれば契約です。長期間の転勤ともなると、家族全員での移動を行うか単身で転勤するかを考えなくてはなりません。家族全員では、転出転入の手続きやお子様が居る場合は、転校の手続きも必要になります。また、住居の広さや適切な通勤距離も必要となるのです。長期間の単身赴任では、生活の場所が2か所に分かれることになり、新たな調理器具や生活のための必需品を揃えた上に、月々の生活費が必要になってしまいます。もし、適当な居住場所が見つからなければ、通勤が不便となり、自家用車が必要になることもあり、出費が益々膨らむことになります。

会社は、転勤の辞令を出したものに対し、すべての費用を見てくれるわけではありません。それでも労働規約に基づいて転勤命令があった時、家庭に余程の事情がない限り、受諾する以外に方法がないのが現実です。また、転勤前に自宅を購入している場合は、リロケーションを考えたり、売却も視野に入れなくてはならなくなり、急に転勤する場合は、仕事以外にしなくてはならないことが山のようにでてきます。ですから、転勤の多い会社に勤めている方は、何時転勤があるか分かりませんので、普段から計画を立てておくことが必要です。